新着情報

新着情報

2022/01/12
大多喜城カントリー俱楽部正会員名義書換料改定のご案内
同俱楽部では、正会員の名義書換料を下記のとおり改定します。
                         記
①実施・・・令和4年3月1日より
②名義書換料
                      【改定前】            【改定後】
 正会員(一般譲渡)        330,000円(税込) →  660,000円(税込)
 正会員(同一法人内氏名変更)    33,000円(税込) →  110,000円(税込)
 正会員(法人→代表個人に変更)    33,000円(税込) →  110,000円(税込)
2022/01/12
伊香保カントリークラブ名義書換料改定のご案内
同クラブでは、名義書換料を下記のとおり改定しました。
                     記
①実施・・・令和4年1月2日より

②名義書換料
                    【改定前】            【改定後】
 個人正会員(一般譲渡)     550,000円(税込) →  880,000円(税込)
 法人正会員(一般譲渡)     550,000円(税込) →  880,000円(税込)
 相続及び継承(二親等以内)   220,000円(税込) →  440,000円(税込)
 同一法人内(登録会員3名以上/1名につき)
                 110,000円(税込) →  330,000円(税込)
 同一法人内(登録会員2名以下/1名につき)
                 220,000円(税込) →  550,000円(税込)
 ※相続及び継承の適用範囲は、配偶者又は年齢20歳以上で二親等以内の直系血族及び子の配偶者、孫の配偶者
 (生前贈与を含む)とする。
2022/01/11
飯能パークカントリークラブ入会手続一部変更のご案内
同クラブでは、入会手続の一部を下記のとおり変更します。
                記
①実施・・・令和4年1月17日書類受付分より
②入会手続の変更点
 入会手続に公示を追加
 『氏名等をクラブ内に2週間公示し、その後会社及び理事会の承認を求める。』
2022/01/07
<新春特別企画>
ゴルフ業界はゴルフ人気の高まりを活かした施策を
・ゴルフ練習場は特需状態続く、用品・会員権にも波及
・若者、女性、リタイヤ層も復活、それに富裕層も刺激
・コロナ禍で復調のゴルフ業界、日本選手活躍も後押し

 2022年はウィズコロナが続く中で、様々な課題が押し寄せる1年になりそうだ。
 21年は日本のゴルフ界にとって大きな転機となった。ゴルファーの夢の舞台である4月のマスターズで松山英樹が日本人初のメジャー制覇を達成し、日本のゴルフ界に新たなページを刻んだ。6月の全米女子オープンでは笹生優花と畑岡奈紗との日本勢によるプレーオフによる笹生の優勝。1年延期して霞ケ関CC(埼玉)で開かれた東京五輪での稲見萌寧の銀メダルと、19年全英女子オープンで渋野日向子が日本に42年振りのメジャー制覇をもたらした頃から、ゴルフ選手への活躍に一般の注目も高まった。
 一方でコロナ禍では、20年に緊急事態宣4月や5月は一時先の見えぬ状況となった。それが、屋外活動で3密が避けやすいとゴルフが注目され、まずは近場のゴルフ練習場に人気の火が付いた。欧米でもパンデミックによる都市封鎖明け以降、ゴルフが大人気と伝わり、国内でも20代を筆頭に若者や女性だけでなくリタイヤ層、それ
に海外旅行が閉ざされたことで富裕層にもゴルフ人気が高まった。初心者向けのクラブ、ウェアなどゴルフ用品消費面でも回復したデータが相次ぎゴルフはスポーツ、レジャー部門では数少ない好調な産業の一つに数えられた。
 ゴルフ練習場は特需並みの活況が継続、ゴルフ場はコンペやパーティ自粛などで単価は上がらないまでも利用人数だけは好調を保ち続けて現在に至っている。
 ゴルフ会員権相場の上昇にも繋がっており、ゴルフ練習場が第4次ゴルフブームと化しているように、さらに盛り上がるのか注目したいところだ。
 ブームが継続、拡大するには国内経済の回復や少子高齢化の問題の課題解決が必要なのは言うまでもない。

                                            ゴルフ特信より
2022/01/07
2022男子ツアートーナメント、25試合を開催予定
・新規3試合の一方、ブリヂストンOP中止等2試合減
・チャレンジはAbemaツアーに改称し10試合開催へ

                   ゴルフ特信より
2022/01/07
用品市場は、若年層中心に新規参入者増加が活況後押し!
昨年快挙続きの日本選手、業界が連携して盛り上げを
 
 コロナ禍におけるゴルフ参加者増加を追い風に、ゴルフ用品市場、とりわけアパレルが活況を呈している。
 ㈱矢野経済研究所調べの「スポーツアパレル市場に関する調査」で、2021年のスポーツアパレルのカテゴリーのうちゴルフウェアが、トレーニングウェアやアウトドアウェアなどを差し置いて、唯一コロナ前の水準を上回る見込み。この背景には、若年齢層を中心に新規参入ゴルファー増加が後押ししているという。
 ゴルフに新規に参入する場合、アパレルはもちろん、ゴルフクラブやボールなどのギアを購入するためのキッカケになるのが、プロゴルファーの存在だ。
 昨年のプロゴルフ界は、4月に松山英樹プロがアジア人初のマスターズ優勝を果たし、6月に笹生優花プロが全米女子オープンを制覇、8月に稲見萌寧プロが東京五輪女子ゴルフで銀メダルを獲得と、ビッグニュースが続いた。
 国内外で日本のプロ、アマ選手が活躍し、ゴルフ界をさらに盛り上げた。活況を示す今こそ、業界が連携しゴルフ産業を盛り上げる、 より良き業界を目指したいところだ。

                                            ゴルフ特信より
2022/01/07
好調維持の会員権相場、倶楽部活性化には良いチャンス!
今一度、値頃感のある名変料設定と入会条件見直しを
 ゴルフ会員権はゴルフブームの度合いを示す指標の一つ。バブルの頃のイメージはないながらも昨年のゴルフ会員権相場(単純平均)は復調気配が続いた。
 関東(関東ゴルフ会員権取引業協同組合)は1月7日に124万円で始まり、2月25日に131万円(年初に対する指数105・65) 、4月8日147万円(107・77) 、6月17日151万円(110・70)と半年で10%超の伸びをみせた。7月以降は8月19日に168万円(123・17)に達し、 9月から前週比を下回ることが多くなったが、12月16日現在で163万円(119・50)となり年初より20%近いプラスで1年を終える。
 関西(関西ゴルフ会員権取引業協同組合)では1月8日に89万円で始まり、同29日に90万円(101・12)になるとその後は90万円台を下回ることなく、12月17日現在で100万円(112・36)と大台に乗った。
 関東、関西の12月中旬の相場価格は2013(平成25)年以来のことだ。一時は関東で108万円、関西で81万円にまで下がったが、新型コロナの感染が拡大してからゴルフが3密を避けられるスポーツとして見直されたことで、図らずも流通が促進された。50代や40代の新規入会も増えているそうで、会員募集の新規入会に限らず、シルバー会員の親族への譲渡を促進させ、倶楽部の活性化を図りたいところ。今はプレー需要が増えていることから、次世代やリタイヤ層の活性化に期待して値頃感のある名変料設定や年齢など入会条件の見直し(緩和)も検討すべきだろう。

                                           ゴルフ特信より
2022/01/06
PGM総成カントリークラブ名義書換再開のご案内
同クラブでは、名義書換を下記のとおり再開しました。
                   記
①実施・・・令和4年1月1日より

②名義書換料
 正会員(一般)   1,100,000円(税込)
    (相続)     550,000円(税込)
    (三親等内親族) 550,000円(税込)
 
 平日会員(一般)    550,000円(税込)
    (相続)     220,000円(税込)
    (三親等内親族) 220,000円(税込)

③年会費(年会費は継承可)
 正会員   49,500円(税込)
 平日会員  16,500円(税込)
④年会費の対象期間変更(令和5年度~)
 【変更前】4月~3月 → 【変更後】1月~12月 
  ※令和3年度:令和3年4月1日から令和4年3月31日まで
   令和4年度:令和4年4月1日から令和4年12月31日まで
   令和5年度:毎年1月1日から12月31日まで
  ※令和4年度に入会した方が年会費を支払う必要がある場合は、年会費を9で除した額に入会の翌月から同年
   12月までの月数を乗して算出した額を支払う。
2022/01/06
入間カントリー俱楽部正会員募集のご案内
同俱楽部では、2022年度正会員募集を下記のとおり実施します。
                 記
①2022年度正会員募集の内容
 ●募集期間
  令和4年1月1日から同年12月31日まで
  ※申込定員50口に達し次第締切とする。
  ※募集中においても名義書換は停止しない。
 ●募集人員
  50名(個人正会員及び法人会員)
 ●募集金額
  正会員  1,070,000円(税込)
  [内訳]入会登録料:770,000円(税込) 預託金:300,000円
  ※入会登録料は返還しない。
  ※預託金は10年据置とし、据置期間満了後請求があった場合3年後に返還する。
  ※会員資格は所定の手続を経た上で、他に譲渡することができる。
 ●特別優待
  (A)2口以上同時入会・50歳未満の方の入会、女性の方の入会のいずれか
     入会登録料から110,000円割引する。
  (B)2口以上同時入会される場合で、50歳未満又は女性の方の入会
     入会登録料から220,000円割引する。
 ●年会費
  正会員  55,000円(税込)
  ※令和4年度(令和3年10月~令和4年9月)は期間按分割とする。
 ●入会資格
  ・年齢満20歳以上であること
  ・同倶楽部在籍会員の推薦がある方。但し、同倶楽部では、コースにて面接を実施している為、推薦者がいな
   くても審査を受け付ける。
  ・暴力団ならびにその関係者でないこと。
2022/01/06
鳩山カントリークラブ平日会員募集終了・名義書換再開のご案内
同クラブでは、平日会員の募集を終了し、名義書換を再開しました。詳細は下記のとおりです。
                       記
①平日会員の募集終了について
 『平日プレー会員・追加募集』が令和3年12月23日で定員の50名に達し、5月から8月の『平日プレー会
 員・縁故募集』50名と9月から12月の追加募集50名を合わせ、100名の新規入会を達成したため、令和
 3年12月23日を以って平日会員の募集を終了する。

②平日会員の名義書換再開について
 平日会員の募集が終了したため、名義書換を再開する。
 実施・・・令和3年12月23日より
 平日会員の名義書換料・・・550,000円(税込)
BACKNEXT