ゴルフ会員権関連コラム

ゴルフ会員権関連コラム

2023/10/05

ゴルフ会員権購入の際の面接について、入会の流れや服装なども解説

ゴルフ会員権購入の際の面接について、入会の流れや服装なども解説

ゴルフ会員権を手に入れるためには、ゴルフ場の方針に従って面接が行われることがあります。

面接は、ゴルフ場に適しているかどうかを評価するための、重要なステップとなるでしょう。

本記事では、ゴルフ会員権購入の際の面接について、入会の流れから、服装やマナー、成功へのポイントまで詳しく解説していきます。

 

 

 

 

ゴルフ会員権購入から面接までの流れ

ゴルフ会員権を購入する場合、以下の二つの方法があります。

l  ゴルフ会員権業者から名義書換をして購入

l  新規募集(補充募集)を実施しているゴルフ場から直接購入

ゴルフ会員権業者から名義書換をして購入

  1. 相談

希望のゴルフ場や予算等をゴルフ会員権業者へ相談します。

  1. 注文

購入するゴルフ場が決定したら、正式に注文します。ゴルフ会員権業者は、注文依頼に基づき売却希望者を探します。

  1. 売買契約

売却希望者が見つかれば、売買契約を締結します。後日トラブルになることを避けるために書面で交わします。

  1. 取引

売買契約に基づき取引を実行します。譲渡書類と引き換えに会員権代金・年会費・取引手数料をゴルフ会員権業者に支払います。

  1. 書類提出・書類審査

入会書類を準備して、ゴルフ場または会員権業者へ提出します。それらを基に、書類審査が行われます。

  1. 入会承認・面接

面接後、理事会で正式に入会が承認されると、承認通知書が発送されます。

  1. 名義書換料の支払い

承認通知書が届いた後、名義書換料をゴルフ場へ支払います。

  1. メンバー登録

会員証などが届き、晴れてメンバーとして登録されます。

新規会員募集(補充募集)を実施しているゴルフ場から直接購入

  1. 情報収集

ゴルフ場のホームページ、メディア、現地訪問等により、新規会員募集(補充募集)の情報を収集します。

  1. 問い合わせ

ゴルフ場に連絡を取り、新規会員の募集に関する内容を問い合わせます。

  1. 申し込み・書類審査・面接

申込書の記入、入会書類を準備して、ゴルフ場へ提出します。そして書類審査が行われ、ゴルフ場で面接が行われます。(面接を実施しない場合もあります)

  1. 入会承認・ゴルフ会員権代金の支払い

理事会で正式に入会が承認されると、承認通知書が発送されます。そして、入会金(入会預託金)・年会費をゴルフ場へ支払います。

  1. メンバー登録

会員証などが届き、晴れてメンバーとして登録されます。

ゴルフ会員権購入後の面接とは

ゴルフ会員権購入後の面接について、面接の目的や必要書類について解説します。

面接の目的

ゴルフ会員権の入会面接は、ゴルフ場側が入会希望者を評価する際の重要な手続きです。

面接の目的は、入会希望者のゴルフへの熱意やゴルフ場への適性、そして一緒に楽しむ仲間としての資質を評価することにあります。

この面接を通じて、メンバーと和やかな雰囲気を保ちながら、満足するプレーを享受するために適切な人材かどうかを見極めます。

必要書類

面接に臨む際には、いくつかの書類を用意することが必要です。これらの書類は、ゴルフ経験や実績、そしてゴルフ場への適性を示すものとなります。

以下は、一般的に提出が求められる可能性のある書類の一部です。

   身分証明書(運転免許証、パスポートなど)

   ゴルフの実績や成績を示す資料

   入会時に提出する申込書等

   ゴルフに関する自己紹介や志望動機

これらの書類を事前に準備し、面接での自己アピールをサポートするための材料として活用しましょう。

面接当日の服装とマナー

面接当日の服装とマナーについて、注意するべきポイントを解説します。

服装選び

面接当日の服装は、第一印象を左右するポイントです。適切な服装を選ぶことで、真摯な姿勢が示せます。

以下に、服装選びのポイントを紹介します。

スーツかジャケットにネクタイ

面接を受けるときの服装は、スーツにネクタイが無難でしょう。落ち着きのあるスタイルが適しています。

無地やシンプルな柄

目立つ過度な柄や派手な色遣いは避け、無地やシンプルな柄の服装で面接に臨むのをおすすめします。

マナーと振る舞い

面接中のマナーや振る舞いは、社会性や協調性を示す重要な要素です。

以下に、心がけるべきマナーや振る舞いのポイントを紹介します。

笑顔と視線

笑顔を心がけることで、親しみやすくポジティブな印象を与えることができます。話している時は、面接官と視線を合わせることも忘れずに行いましょう。

敬意と感謝の表現

面接官に対して敬意を示し、感謝の意を表すことが大切です。丁寧な言葉遣いや礼儀正しい態度を心掛けましょう。

面接でのポイントと質問例

面接官は、新たなメンバーとしての適性やゴルフへの熱意を知りたいと思っています。面接を成功させるために、以下のポイントを押さえておきましょう。

面接でのポイント

過去の経験を語る

過去のゴルフ経験や成績について詳しく語り、自分の成長過程や努力を伝えましょう。成功体験や挑戦を通じて学んだことも、アピールポイントです。

ゴルフ場への熱意を語る

なぜ、そのゴルフ場に入会したいのか、その理由や特徴を具体的に語りましょう。ゴルフ場が提供する価値や自身のゴルフライフにおける期待を伝えることで、入会への熱意が伝わります。

ポジティブな姿勢を示す

ゴルフへの熱意や向上心をアピールすることで、プレーにおける成長意欲やポジティブな姿勢を伝えることが重要です。

よくある質問例

面接官は、ゴルフに対する姿勢やゴルフ場への関心を知るために、さまざまな質問をします。以下に、よくある質問例とその回答のポイントを示します。

質問例1:「なぜこのゴルフ場に入会したいと思いましたか?」

回答ポイント:そのゴルフ場の魅力や特徴、自分のゴルフに対する目標との関連性を具体的に説明します。

質問例2:「ゴルフでの目標は何ですか?」

回答ポイント:短期的な目標から長期的な目標までを説明し、どのようにしてそれを達成しようとしているのかを示します。

質問例3:「これまでのゴルフ経験を教えてください。」

回答ポイント:過去のプレー経験や大会での成績、特に印象に残るエピソードを挙げながら、ゴルフへの情熱を伝えます。

まとめ

ゴルフ会員権の面接は、入会の第一歩として非常に重要な段階です。

自身のゴルフへの熱意と適性を的確に伝えることで、面接官を納得させることができるでしょう。

本記事のアドバイスを活用し、面接での成功を手に入れてください。