新着情報

新着情報

2019/05/29
ゴルフ場保有ランクMBKパートナーズが1位
アコーディアの他、NGMを吸収して173コースに4年連続1位の平和・PGMは           138コースで2位、OGMの吸収で各グループ繰り上がり、西武Gが3位、チェリーゴルフや
リソルグループは各2コース減らす。韓国産業洋行17位、川島グループ18位初のランクイン
韓国系2コース増、その他外資系アコ含め40コース増。
2019/05/29
昨年末の米ゴルフ場数、1万4613施設
NGFがHPで公開、ゴルフ人口やラウンド数内訳
 
2019/05/28
南市原ゴルフクラブの名義書換再開のご案内
同クラブでは、会員権の名義書換を下記のとおり再開します。
 
①実地:令和元年6月1日より
②名義書換料
 正会員:400,000円(税別)
  ※現在実地しているその他の手続きについて引き続き以下のとおりとなる。
   同一法人内記名者変更料 正会員 100,000円(税別)
   親族譲渡事務手数料   正会員  50,000円(税別)
  ※トランスファー制度、家族入会割引、シルバーステイタス割引、新グランドステータス制度は
   適用可能である。
  ※名義書換の際はアコーディア・ゴルフの統一書式を使用のこと。
③年会費(会計年度:1月~12月)
 正会員:30,000円(税別)
2019/05/27
PGM、3コースで補充募集
・ザ・GC竜ケ崎130万円
・あさひケ丘CC28万円等
・千代田CC1次100万円他
2019/05/14
大相模CCの入会保証金改定
[入会保証金改定] 期日:2019年7月1日より実地
          (現行)) (改定)
    正会員  100万円 → 50万円
    平日会員 100万円 → 50万円
2019/05/14
東名富士CCの名義書換再開
同クラブでは、会員権の名義書換を下記のとおり再開します。
①名義書換再開日
 令和元年5月14日
②名義書換を再開する会員種別と手続
 ・個人正会員並びに法人正会員
 ・第三者に会員権を譲渡する場合の手続
 ・名義書換料500,000円(税別)
2019/05/10
市場動向
全国判明分の平成31年1月~3月のゴルフ場入場者数、前年比11.96%の大幅増
41都道府県1098コースの延べ入場者数約867万人
増加要因は1月と2月の好天、3月は前年同月比5.76%の増加
2019/05/08
富士CC『令和記念 名義変更料減額キャンペーン』
●キャンペーン期間:令和元年5月1日から令和2年4月末日まで
●キャンペーン期間中の名義変更料
             【通常料金】        【減額料金】
          名義変更料   保証金   名義変更料   保証金
 正会員     80万円(税別)30万円 ⇒ 70万円(税別) なし
 甲種平日会員  60万円(税別)  -- ⇒ 45万円(税別) --
 乙種平日会員  40万円(税別)  -- ⇒ 25万円(税別) --
●特典
 ①個人正会員にて入会した方限定
  入会後3年間(入会年より)年会費を5万円(税別に減額)
 ②ファーストビジターチケット
 ③誕生優待券
 ④コンペ紹介スペシャルチケット
  特典選択式:FCC商品の提供・食事付特別プラン・ニアピンドラコンの提供
 ※②③④の利用期間は『入会から1年後の月末まで』となる
●視察プレー:随時(土日可)・メンバー並み料金(1人1回限り)
2019/04/20
21センチュリークラブ富岡ゴルフコース民事再生法の適用を申請
「東京」 (株)ワイ・ケイ・ジャパン(資本金3000万円、東京都渋谷区宇田川町2-1、代表石井年晴氏)は、4月17日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日監督命令を受けた。
4月19日時点で判明した負債は、債権者約480名に対し約162億4200万円(うち預託金は債権者約370名に対し約81億2000万円)。
なお、スポンサーは(株)ユニマットプレシャス(港区)とする方針。
2019/04/20
棚倉田舎倶楽部、、名義書換停止
同倶楽部では、2019年4月より会員権の名義書換を停止しています。尚、近日中に会員の新規募集を予定しております。募集会員種別は、個人正会員、無記名法人会員(1口2名)の2種類ですが、募集金額が決定しましたら改めて通知します。
BACKNEXT